浜離宮散策♫ | GAHAKU株式会社〜体験したことのない経験が出来る場所〜

浜離宮散策♫

こんにちは、スタッフの中島です。

昨日に引き続きブログをお読み下さりありがとうございます。

今回は浜離宮の(私的)見どころをお伝え致します♫

【見どころその1】

・三百年の松

300年前に6代将軍徳川家宣によって植えられたと伝えられています。

DSC_1634

DSC_1628

樹齢300年の黒松の立派な幹と勢い良く伸びる松葉を見て勇気が湧いてきました。

手入れも行き届いています。

DSC_1631

【見どころその2】

・潮入の池

東京湾を埋め立てて作られた浜離宮は、園内の池に海水を引き入れ

潮の満ち干きによって池の趣を変える様式になっています。

池には、ボラ、セイゴ、ハゼ、ウナギなどの海水魚が棲息しているようです。

個人的には高層ビルと緑の樹木とのコントラストが素晴らしいと思いました。

DSC_1680

庭園の横が東京湾です。

DSC_1683

【見どころその3】

・庭園の眺望を堪能するために建てられた池の畔に建つ御茶屋

(写真左が中島の御茶屋、右が燕の御茶屋)

DSC_1680

(潮入の池と中島の御茶屋)

DSC_1684

(燕の御茶屋)

DSC_1696

燕の御茶屋は、戦災で焼失しましたが遺構を調査し昨年復元されました。

当時の材料と全て同じものを使い、当時の建築方法に忠実に建てられています。

DSC_1695

【見どころその3】

・満開の菜の花と動物

一面に広がる菜の花を見ると春のうららかな気分になります。

DSC_1701

 菜の花畑の中に入り写真を撮ったり、傍でお弁当を広げている人が沢山いました。

DSC_1641

 手前は、海からの物資を運ぶ為の運河です。

整然と並ぶ運河の石塀は、昨年クレーンを使って組み直されました。

石1つの重さは60kgだそうです。

クレーンの無い時代は、職人さんが持ち上げていたそうです。力持ち!!

 まだまだ見どころは沢山ありますが、この日は全てを周り切れませんでしたヮ(゚д゚)ォ!

今度は夏の花火の時に、その次はお月見に…季節毎に訪れたいです。

DSC_1685

また来るね−♪

DSC_1663

 

【浜離宮恩賜庭園はまりきゅうおんしていえん】

http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/kouen/kouenannai/park/hamarikyu.html

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ