【Photoshop】ファイル形式モジュールでファイルの解析を実行できません(PNGファイル) | GAHAKU株式会社〜体験したことのない経験が出来る場所〜

【Photoshop】ファイル形式モジュールでファイルの解析を実行できません(PNGファイル)

こんにちは!GAHAKU社員の久保田です!

私は主に技術者的な側面が強く、デザイナーというわけではありませんが…
たまにPhotoshopを使う…なんてこともあります(・`ω・)

今回はPNGファイルを加工するべく、
対象ファイルをPhotoshopで開こうと…したのですが…

notOpen

開けないッΣ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

まあ、この程度のことはよくあることです(・`ω・)
そしてGoogle大先生がついているので、きっと解決できます!!

「photoshop png ふぁ…」
検索窓にここまで入力した時点で、検索候補に

検索結果

photoshop ファイル形式モジュールでファイルの解析を実行できません png
と文字が現れるではないですか!?

さすが、Google大先生。
そしてありがとう先駆者の皆さん!

そして検索した結果によると…
ふむふむ…(。 ・д・)-д-)

ファイルが本来のフォーマット(拡張子)ではないことが原因のようです。
我らが弘中先生もご存知の通り、画像データのフォーマットは
PNGの他にJPEG、BMP、TIFFなどがあります。

弘中講師「そのくらいは常識ですな(`・ω´・)+」

画像ファイルをテキストエディタで開くと、
行頭に本来の拡張子が表示されるそうです。
そして、例えばこれがJPEGなのに、Finderアプリにて
名前変更を実施し、拡張子をPNGやBMPにしてしまうと
Photoshopで開けなくなるそうです。

今回のPNGは人から受け取ったものなので、
そういった歴史があったのかもしれません!

さっそく対象ファイルをCotEditorで開きます…

テキストエディタ

あれ(´・ω・`)?
元からPNGですよ?

前置きが長くなりましたが…ここからが本題です!
今日はこんな場合の対処法を紹介したいと思います。


「プレビュー」アプリで対象ファイルを開きます
今回の対象ファイルは”合成用マスク_01.png”というファイルです

①


「マークアップツールバーを表示」をクリックします

②


編集モードになります

③


「インスタントアルファ」をクリックします

④


任意の点をクリックし、ドラッグで全体を選択します

⑤


このように全体が選択された状態になります

⑥


この状態でコピーをして(command + C)、
そのままクリップボードから新規作成(command + N)をすると
“名称未設定”という暫定名称で複製が作られます

⑦
 

この状態で保存(command + S)を実行すると、
ファイル名称を指定しての保存ができます
今回は敢えて元のファイルとの違いを確認するために
“合成用マスク_01_mod.png”という名称で保存します

⑧
 

このファイルをPhotoshopで開くと…

⑨


ご覧のとおり!

⑩
無事に開くことができました(・`ω・)
もちろん解像度は元のファイルと一致してます

偉そう寛太 copy

どやっ!

このたび弊社代表 堀 大輔による書籍「できる人は超短眠!」が
フォレスト出版より5月11日に刊行されることとなりました。
睡眠に関する多くの情報が記載された充実の内容となっております。

↓以下のリンクで紹介されています↓
YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/adv/life/release/detail/00028127.html

@Press
https://www.atpress.ne.jp/news/99292

もし見かけた際にはお手にとって頂ければ幸いです。

また、「できる人は超短眠!」の出版を記念して5月14日にパーティを開催させていただきます。
https://www.facebook.com/events/1547047248923868/
ご興味持たれた方は是非、ご参加ください(*^^*)

サブコンテンツ

このページの先頭へ