実は睡魔を発生させる◯イーツ | GAHAKU株式会社〜体験したことのない経験が出来る場所〜

実は睡魔を発生させる◯イーツ

おはようございます。

Nature sleep講師の弘中寛太です。

14011944_1570522289918870_1378894622_n

先日は激辛料理が睡魔を発生させるかどうかという記事を書いたことがありましたが

この度は眠気を飛ばすと思われていながら、その実、睡魔を発生させてしまう食材についてご紹介します。

短眠ブログを読んでいただいている方から

「短眠になった後の生活が面白そう!」と言われることが多くなってきています!が

IMG_4078

いつもケバブを食べていますね!と言われます。

授業をして受講生とケバブを食べて、また受講生とケバブを食べてということを繰り返しています。

1日1食はケバブを食す毎日です。

ケバブは本当にヘルシーフードだと思います。

鶏肉が中心で脂身も少なく、トマトとキャベツと野菜もモリモリと入っています。

特に教室の外のケバブは本当に…。(以下略)

不思議と眠たくなりずらいと言われることが多いです。

 

「眠たくなりづらい食べ物食べているから短眠なんじゃないの?」

と思われるかもしれません。

確かに、自分自身が眠くなりづらい食べ物というものを

栄養学も踏まえ習得している堀代表のカリキュラムで見つけているので

眠たくはなりづらいと思います。

 

とはいえ、眠くなる食べ物を避けなければ短眠になれない!

などと思われてしまっては恥ずかしいので

今回は先日眠くなりやすいものを食べに行った時のことをお伝えしつつコツをお伝えします。

 

昨日、受講生の強い希望を受けて、睡魔を発生させてしまう◯イーツを食べにムフタール・ドゥ・パリ というお店に来ました。

http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13004208/

私は、受験生時代に眠たくなったり、やる気がでない時には決まって

「脳の栄養には甘いモノだ…!と、

お砂糖を大量に摂取しては眠たくなってしまうということをしていました。

ブログ

甘いモノを摂取すると眠たくなるのです。

急上昇した血糖値を下げるためにインスリンが大量分泌をして

平均値に至った後も血糖値を下げ続けてしまうので結局低血糖状態になり、眠気が発生してしまうのです。

特にいきなり甘いモノから食べ始めると、過剰に反応してインスリンが分泌されると言われています。

だからこそ!スイーツを食べにきました!

14203505_1580008508970248_908485866_o copy

見てください。

IMG_4087

洋菓子職人歴30年のチーフパティシエがプロデュースしているお店で

お店にはずらりとスイーツが並びます。

IMG_4088

見た目も綺麗です…!

IMG_4090

スイーツ好きとしてはたまらないラインナップでした!!

IMG_4094

ピスタチオとチョコレートのケーキや

IMG_4095ババロアの様な不思議の食感のスイーツもありました。

まずは1杯目からスイーツへ行きます!(一番眠くなるパターンです)IMG_4100

1杯目を完食しすると2杯めが盛られ・・・。

IMG_4098

3杯目が・・・。

IMG_4112

盛られ・・・!

IMG_4108

3杯目を食している最中に、お茶を入れに席を立って戻ると・・・。

IMG_4101

なにこれ????

14233813_1580008538970245_2138350044_o copy

 

GAHAKU社員の久保田さんによる爆盛りご飯!真ん中にこのカレーを仕込まれていました!

余りにも大量のご飯だったため、4杯、ルーを真ん中の穴に入れて完食しました。

結局、スイーツをお皿満杯に5杯と、カレーの爆盛りとパスタと唐揚げと・・・etc

スイーツを食べてなおかつ満腹という状態になりました!

14273496_1580008518970247_1664765707_o copy

血糖値は上がり、満腹という状態でどうするのか。

今回はオススメの方法を2つだけお伝えしていきます。

まずは

1.カフェインを摂取すること。

スイーツを食べている時には自然と苦いものを口に含みたくなるものだと思います。

タンパク質・脂質・炭水化物といった三大栄養素を摂取後に発生するアデノシンを、コーヒーや紅茶を飲んで、カフェインを摂取することによって阻害する事は非常に有効だといえます。

ブログ コーヒー

だけではなく

2.スイーツを摂取した後、人と歩きながら話をする

話していると表情筋が顔の神経を刺激するので起きていやすくなります。

また、歩くことによって血流が促され、胃に集中しがちな血流を全身に促してくれます。

血糖値が上がるタイミングですが食後というのは副交感神経が優位な状態ですので

穏やかにコミュニケーションを取ることができます。

ブログ 電話

私は上記の2種類のワークは得に意識して行っていませんが

朝の3時まで起き続け、サクッと寝てから4時に起きて仕事をしていました!

感想やご質問などありましたらいつでも頂けると嬉しいです。

これからもどうかよろしくお願いいたいます♪

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ