【短眠で7年間生活している人間の仕事環境 part2】 | GAHAKU株式会社〜体験したことのない経験が出来る場所〜

【短眠で7年間生活している人間の仕事環境 part2】

おはようございます。

Nature sleep講師の弘中寛太です。

先日の投稿で、Nature sleep創始者、堀代表の仕事環境について取り上げました!

(この画面だけでも8画面あります笑)

img_4376

もっと知りたい!との声が殺到したので、第二弾です!

 

先週のブログを書いた直後、堀とオフィスで話していたら

「なんだかもっと変えられる気がしてきた。」と言い始めました。

何をだろうか?と思っていると構想を聞かせてくれました。

 

堀代表が好きではないもののうちの1つに、デッドスペースというものがあります。

 

睡眠が悪いと言うつもりは全くありませんが、睡眠もある意味で時間におけるデッドスペースですね。

眠っている時間に、自分のやりたいことを自分のやりたいようにするということは難しいのではないでしょうか。

もしも、寝ている時間帯を、起きている時間帯に変える事ができるのなら有効活用できます。

つまり、短眠も時間におけるデッドスペースを無くす試みの1つだと言っても過言ではありませんね。

 

話が脇道にそれましたが、今回堀が目をつけたのが、壁でした。

オフィスに来た当初は、開発中の渋谷を見下ろせる、見晴らしの良い窓だったのですが

img_0238

現在は、この窓、Nature sleepの受講生の広告用の張り紙が貼ってあるので、外は全くと言っていいほど、 見えないのです。

img_4377

 

夜も反射で外が見えません。

img_0985

若干強面の久保田さん達と深夜の短眠談話をしたときにも

オフィスができた当時、受講生と夜に集まった時にも

img_0727

 こんな感じでほとんど外の景色は見えないのでした…(´・ω・`)

 

「よしっ!ハンズに行って、木材を買いに行こう!」

 設計図は頭のなかにあるようです。

東急ハンズについていき、木材を調達することに…。

 

%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99_1386

ハンズで購入した木材をスタッフ+社長とで運ぶため、渋谷の雑踏を練り歩き作業を開始しました!

 木材が重すぎて、スタッフ一同、買い物に行く道中の写真を撮っている人が1人もいなかったというオチに…(笑)

さて気を取り直して、作業開始、あっという間にスポスポとハマっていく木材。

%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%9921213
 置き方にもこだわります(^^)/

diy%f0%9f%8c_1775

 机が一枚である必要は無いということで、机の下に

余っていた材木を活用して即興で作成です。

img_4269

余った木材も、 きれいに使うことで

diy%f0%9f%8c_9266

きれいに2段になりました!

img_4271窓部分も完成!

堀の趣味のギターやエアロコンセプトがディスプレイしています。

diy%f0%9f%8c_8884

 全体的に完成!

diy%f0%9f%8c_3295

合計して1時間程で作業は終わりました。早すぎますね…!

短時間睡眠でできた時間で以前、夜通し作業をする事で工具の使い方に慣れているようです。

ショートスリーパーになると芸達者になる方がいらっしゃいますが、堀代表はひときわ芸達者です。

これからも時々、堀代表の事を紹介するブログを書こうと考えておりますので、ショートスリーパーの実生活など、気になる点がありましたらいつでも読んで頂ければ幸いです!

サブコンテンツ

このページの先頭へ