堀 大輔の使用しているキーボード | GAHAKU株式会社〜体験したことのない経験が出来る場所〜

堀 大輔の使用しているキーボード

木のキーボードやLenovoキーボードなど
おはようございます。

本日は私、堀 大輔の愛用しているキーボードの一部を紹介したいと思います。
こう見えて、色々なキーボードを所持しているキーボードマニアだったりします。
写真に写っていないキーボードも山ほど持っていますが、自宅や倉庫に眠っているものもあるので、とりあえず、一部でも紹介します。
まずは、
Happy Hacking Keyboard Type-S
HHKB Type-S
こちらは、オーソドックスなUSタイプですね。
キートップなんて、どうせ見ないので、印字がない方がスッキリしていて打ちやすいです。

なかなか印字のないキーボードって少ないんですよ…。

ノートパソコンのVaioも数量限定で印字のないタイプを出していましたが、
Windowsなので、僕は使えず…。

ノートパソコンの場合は、ほぼ間違いなく外付けのキーボードでタイピングをしています。



次は、
Happy Hacking Keyboard Type-S
Happy Hacking Keyboard Type-S
こちらは、スペースバーを黒色に変えているものです。
使い分けは、スペースバーが黒色の方が気分的に良いときに使っています。

JPキーボードと、USキーボードの大きな違いが、スペースにあります。
JPは”スペースキー”に対して、USは”スペースバー”と呼ばれるほど、長くなっています。

これはおそらく、日本人は脇を締めて打鍵するのに対して、
欧米人は脇を開いてタイピングすることも、スペースの形が違うことに繋がっているのではないかと推察しています。

実は、MacBookなど、トラックパッドのスペースが中央に大きくありますが、
日本人のタイピングの仕方の場合、当たってしまうことも少なくありません。

Apple社がトラックパッドが当たってしまう設計をしているとは考えづらく、
もともとの設計から、ワキは開く設計になっていると考えています。

そういう点から見ても、USキーボードでスペースバーの端を押すようなタイピングをすることで、正しい形を学ぶことができるのではないかと思っています。



本日最後の紹介は、
Happy Hacking Keyboard Type-Sです。
Happy Hacking Keyboard Type-Sカスタム
先程のキーボードとは逆に、スペースバーが白色で、他のキーが全て黒色に変更しています。
Type-Sはもともと、白色しかキーキャップがないので、黒色を購入して付け替えた形になります。

このキーボードが一番メインで使っているキーボードですね。

長年使っていますが、全く飽きが来ず、そして以前と変わらない安定した打鍵感で毎日のパソコン作業を小気味いい時間にしてくれています。

Happy Hacking Keyboard のノーマルタイプは、個人的には打鍵音が大きかったため、Type-SというSilent & Speedを重視したモデルを使用しています。
(上記3つ全てType-Sです)

色々なキーボードを使用してきて、それぞれに味があり、善し悪しというものはありませんが、
不思議と浮気をしてもこのキーボードに、戻ってきてしまいます。

Bluetoothバージョンも出ているみたいですが、今のところType-Sが出ていないので、またType-Sモデルが出たら購入したいと思っています。

また漆のモデルとか再販しないかなぁと期待しつつ…
そして、木材のキートップとかどうでしょうか?ヽ(´ー`)ノ
と提案もしつつ(笑)

今後もHHKBのキーボードを使い続けて行きたいと思います。
サブコンテンツ

このページの先頭へ