ボードゲーム大会!! | GAHAKU株式会社〜体験したことのない経験が出来る場所〜

ボードゲーム大会!!

皆さん、こんにちは!

GAHAKUスタッフの下田将也です!


今日は最近GAHAKUで開催しているイベントの、

ボードゲーム大会についてお伝えしようかと思います!


現在GAHAKUにあるボードゲームは以下の1~7です。

受講生の方がボードゲームを持ってきてくださるのですが、

どれもとても面白く、必ず考え込んだり、心理戦が発生するので、

初見でもワクワクが止まりません!
 
【ボードゲーム一覧】
  1. Agricola:Family Edition(アグリコラ ファミリーバージョン)
  2. Century:Spice Road(センチュリー:スパイスロード)  
  3. Blocks()
  4. CAPTAIN DICE(キャプテンダイス)
  5. Geister(ガイスター)
  6. DOBBLE(ドブル)
  7. ゲーム
  8. StoryCube(2種)
  9. algo(アルゴ)  
  10. Catan(カタン)
  11. quarto!(クアルト)
  12. 私の世界の見方
  一番初めのボードゲーム大会は人狼ゲームをしたんですが、 参加者全員がハマってしまい、役職を交換しながら3時間白熱しました。 ボードゲームは時間を忘れてしまうくらい楽しむことができます。 ただハマってしまうと抜け出せないのが ボードゲームの難しいところなので気を付けてください(´・ω・`) まず、なぜGAHAKUで「ボードゲーム大会」というものが始まったのか、 経緯を話そうかと思います! ボードゲームと触れ合うきっかけとなったのは、受講生の方で、堀代表のご友人がいて、 その方にお誘いしていただき、ボードゲームのカフェに向かいました。 ボードゲームと最初に聞いた時に、「難しい」というイメージが思い浮かんでいて、 対戦の際は少し緊張していました。 説明が終わり、ボードゲームのルールが完璧には理解ができていない状態で プレイをしました。 やはり何度も負けてしまったのですが、終始楽しめるゲームが揃い揃いで、 ハマってしまうものばかりでした。 負けて感じる気持ちは悔しいという感情だけで、他に苛立ちや、妬みは全く起きません。 悔しいと感じられるということは"好き"、"飽きない"、"リベンジ"などの 気持ちを持っているからだと思います。 この気持ちが積み重なるほど、GAHAKUにボードゲームが増えていくのかなと思います。 最初は1個…。気づいたら5個…くらいのペースで少しずつ増えていっているので、 いつの日かGAHAKUがボードゲームで埋まるのではないかと度々思っています。 人によってボードゲームの得意、不得意は変わりますが、 頭を使うとどんなボードゲームでも応用することが出来るので、 ただボードゲームをやるのではなく、頭を使って楽しみながらやりたいと思います! 反射神経や動体視力が必要なボードゲームも多数ありますが、 頭を使わないものはないので、何かを成長させながら遊ぶことが出来ると思います! 僕は思考、想像や発想をゲーム最中にすることが増え、 反射神経動体視力も鍛えられたかと思います。 短眠にも有利なので、 これからもボードゲームを楽しみながら学んで成長したいと思います! 最後まで御覧くださりありがとうございました 次回も宜しくお願い致します! GAHAKUのSNSも ぜひチェックしてみてくださいね! Twitter Instagram  
サブコンテンツ

このページの先頭へ